第96代 後醍醐天皇の御代(1318~1339)に香取神宮(千葉県香取市香取)より御分霊を伏木村字大木(西原地区付近)にお迎えしました。

その後、後円融天皇の御代、永徳3年(1383)大木より現在地の馬場(香取山)に遷座しました。

寛文2年(1662)8月22日、社殿を再興しました。

宝永4年(1708)12月5日、御本殿を造営し正遷座しました。

昭和10年(1936)4月17日、本殿・拝殿を改築しました。